大阪市内の長年、入居者がいなかったマンションを一棟リノベーション。
築45年、クライアントさんの思い出話などを聞き出しながら設計を進めました。

計画当初は既存の雰囲気が全く残らないようにと考えていましたが、
クライアントさんと話しているうちに計画も少しづつ変化していきました。
e01
↑ 綺麗なレンガ貼りの外装を打診検査し、そのレンガ貼りを極力残し当時の雰囲気を残しながらの作業でした。

e02
↑ 元の姿です。

エントランスは事務所ビルの様な冷たさがありましたので、
左官仕上げと木フレームで柔らかい雰囲気に仕上げました。
e04
e06

クライアントさんは、僕の住む神戸にも深い想い出があり地元話に花が咲きました。。。