建築 + 環境

K+K design / ケイアンドケイ デザイン Architect Office

建築 + 環境 イメージ画像
建主(家族)にとって本当に必要な物(空間)は何か?
必要でない物(空間)は何か?
それらを語り合うことで建主の住宅に対する率直な
想いを聞き、それに対する私なりの想いも話し、
対話を重ね合うことで信頼関係を築き、
その建主(家族)としか造れない無駄な贅肉を
削ぎ落とした豊かな空間を造りたいと思います。
色々な物が溢れている時代にこそ必要な
考えだと思います。
無駄をコントロールする事でコストコントロールにもつながります。
環境問題については個人レベルでの行動も
必要とされている時代だと思います。

更新情報

5
昨日、草野球の試合がありました。 グローブをリ・フォームしてからの初試合です。 キャッチボールではポロポロでしたが、いざ試合が始まると華麗な守備の連続でした。 デジカメを忘れたので写真がアップ出来ないのが残念でなりません・・・ グローブの“劇的ビフォー・ア

1
何気に窓を開けて外を眺めていたらゴミステーションに数人の市職員がいました。そのうちの一人が僕の書いた図面を広げて見ていました! そう事業系のゴミが家庭ゴミに混じってるとの事です。 (調査中だったのです) で、僕は職員さんに下へ降りてくるように言われました

2
先日、南河内郡の近つ飛鳥博物館に行きました。近々RC打ち放しの工事が始まるので勉強にと言うのが一応の名目です。 個人的には良い博物館だなと思いました。エレベーションや象徴的な大階段よりは内部構成の巧みさや独特の質感(実際に身を置かないと判らない質感)に関心
『近つ飛鳥博物館。』の画像

5
昨日リ・フォーム中の住宅でお施主さん検査があり、 その帰り際にお施主さんから庭に生ってる甘柿を頂きました。 いつもながらの何気ない心使いに嬉しく思いました。 設計の計画時にも何気ない心使いが多ければ多いほど、 お施主さんは喜ぶんだろうなとは思います!?
『無題。』の画像

5
いつも草野球で使っている古いグローブのヒモが2ヶ所ほど切れて使えなくなりました。新しいグローブを買おうとスポーツショップに行きましたが、グローブの横の取替えヒモに目が行きました。これで直せばまだ使えるなと思いヒモを買って縫い直しました。結果ごらんの通りの
『リ・フォーム。』の画像

3
先日、嫁さんと散歩中にある看板を見かけました。 いわゆる建築計画のお知らせです。 事務所から目と鼻の距離で大型再開発で35階建て超高層複合施設の計画でした。 再開発自体の良し悪しは別として、その中に1000㎡程の公園も出来るみたいです。 その散歩中で街中に
『民間再開発事業。』の画像

5
以前に竣工した住宅を東邦レオさんのホームページに載せていただきました。 東邦レオさんのドライビットシステムを採用させて頂いたご縁です。 外断熱&エコ建材WEB : 西日本の欄をご覧下さい。
『外断熱:ドライビットシステム。』の画像

↑このページのトップヘ